ハーレーのマフラーをカスタム

マフラー

ハーレーのカスタムとして最初にマフラーを交換するという人も少なくありませんが、この部分はバイクにおいて非常に重要なパーツとなるので、交換して放ったらかしにしておくというのは禁物です。本来ついているものと性能の違うものを取り付けた場合、見た目が変わったり音が変わったりしますが、それ以外にも吸排気のバランスが変わるというポイントがあります。

ハーレー

吸排気のバランスは目に見えるものではありませんが、これがハーレー自身に最も影響の出る部分となるだけに、どのような影響がでるのかということをよく理解して、全体のバランスを整えたセッティングをしなければなりません。元々、ノーマルで乗ることを前提として作られているわけですから、吸排気のバランスが崩れてしまうと想定とは違う乗り方になり、各部位に負担がかかることになってしまいます。

燃焼効率が変わったり、燃焼室の熱変動が起こることになり負荷が増すことになるので、このような影響があることを理解しないままに乗っていると、不調の原因になるので注意をするようにしましょう。カスタムというのは単純にパーツを取り替えるだけの行為のようにみえるかもしれませんが、パーツを取り替えればバランスが崩れる部分も出てくるので、そのことをよく理解して置かなければなりません。特にマフラーというのは、カスタムをするときに最初に手を出しやすい部分でありながら影響の大きな場所でもあるだけに、なおさら注意をするようにしましょう。

オーディオをカスタム ハーレー

オーディオ

ハーレーはラグジュアリー装備満載の快適なクルーザーとして知られています。その中でも重視されているパーツの一つが、オーディオです。アメリカではここのカスタムにはお金を惜しまないというユーザーが多いです。日本でも音質や音量にこだわるオーナーは多く、ドレスアップ目的でつけている人もいます。ここを丁寧にカスタムすると、リッチで風格があり、見た目が数段パワーアップします。

ブルートゥースを使って音楽を聴くのもいいですが、これだと音飛びしたり音質が悪くなってしまうこともあります。音を追求するのであればハーレー自体にオーディオを取り付けた方がいいでしょう。新しいモデルであれば手持ちの音楽機器をコントロールしてたくさんの曲を楽しむことができます。気をつけたいのが防水性で、バイクにとってはこれが一番欠かせない点です。防水性が高いものは金額が高くなりますが、このあたりは故障を減らすにはやむを得ない出費でしょう。

アメリカはマリンスポーツが盛んなのでアメリカ仕様のパーツだと防水性が付いているものが多く見つかります。ステアリングリモコンキットを取り付けるなどの工夫をすれば、ハーレーのハンドルスイッチで音量や曲送りができるようになります。制御の面では純正パーツが一番ですが、社外性でも色々面白いパーツが登場しているので自分好みのものを見つけるといいでしょう。音楽を楽しみながらのツーリングはさらにハーレーライフを楽しくさせてくれます。

タンクをカスタム ハーレー

タンク

ハーレーと言えば、アメリカンバイクの王様であり、様々なカスタムパーツが開発されていることから、自分好みのマシンに仕上げやすいものでもあります。そのハーレーをカスタムするにあたって、見た目にもすぐにわかるようにするにはタンクを換えると良いでしょう。特に、アルミ製のものにすれば金属製の光沢があり、日中は勿論、ナイトツーリングの際も街頭を乱反射させるため、見た目にも美しくなります。

また、アルミ製のものは材質自体が軽量であるため、燃費も良くなるだけでなく、コーナリングや加速も良くなります。そのため、もし、手っ取り早くイメージチェンジを行いたいと考えるのなら、まずはタンクをアルミ製のものに換えてみてはいかがでしょう。しかし、アルミは変形しやすい材質であるため、万が一転倒等をすると想像以上に凹むだけでく、傷もつきやすく、目立ちもするため、転倒しないよう最大限の注意を払うようにしましょう。この他、カラーリングを変えるというのも一つの方法です。

近年ではマジョーラカラーと呼ばれる偏光カラーが人気で、日中の太陽光によって緑色や紫色に見えたりするため、色の変化を楽しむこともできます。さらに、ファイヤパターン等もアメリカンバイクでは人気であり、自分好みのファイヤパターンを加えてもらうことでオンリーワンのバイクに仕上げることもできます。以上のことはほんの一例ですが、他にも良いイメージが浮かぶのならカスタムショップで仕上げてもらうのも良いでしょう。

タンク